データ送受信が基本

男の人と女の人

得意分野があります

論文やマニュアルの翻訳を翻訳会社に依頼することが多く、最近では個人でも翻訳会社に英文和訳を依頼するところも出てきました。翻訳会社に翻訳を依頼する方法は、会社によって異なりますが今ではほとんどの場合データ送信受信になり、メールで添付して原文を送り、メールで納品する方法が多いです。翻訳会社は単純に外国語が得意な人が運営しているのではなく、得意とする専門分野を持っています。例えば、医学系に強かったり、法律系に強かったりといった専門分野があり、取り扱う外国語も英語だけでなく、フランス語や中国語などがあり、外国語のレベルも異なります。データを送信して翻訳を依頼する前に、翻訳してもらう文書に強い翻訳会社を選ぶことからはじめます。翻訳会社を選ぶ時には、専門分野に強いことは絶対条件でその他に料金設定も異なってきますので料金が予算内におさまることも確認します。料金が安い方が良いですが、料金が割高になっていたとしてもネイティブチェックをする翻訳会社であれば、ビジネス文書としてより精度の高い翻訳をしあげてくれます。翻訳を依頼するときにはメールで添付して、完成した文書をメールで受信するだけですが、それ以外にも質問に受け答えをしてもらったり、依頼文についての質問をしてくることがあります。そんなときに担当者の対応が素早く、丁寧であることは大切です。あまりに返信が遅くなる場合には、納期が遅くなったり、作業品質が下がってしまう問題があります。

Copyright© 2018 説明書の翻訳はプロにお任せ【翻訳会社を利用するメリットとは】 All Rights Reserved.